アボカド

アボカドが最初に日本に初めて導入されたのは明治時代からと言われていますが、詳細は不明です。いずれにせよ、戦後から現在に至るまで、そのほとんどが輸入品です。主な輸入先はメキシコです。アボカドは1990年代から急速に消費量が上がっていきました。栄養価の高さがPRされたことが大きい他、アボカドロールなど寿司ネタにも使用されたことが消費拡大の要因の一つです。

アボカドの国内生産量と輸入状況

アボカドの国内生産量

前述の通り、日本国内でのアボカドの生産はゼロではないのものの、市場規模は非常に小さいです。ただし、国産のアボカドは海外からの輸入品とは品種が異なるため、違った味わいがあるそうです。

アボカドの輸入量推移(1970年~2019年)

1988年当時はアボカドの輸入量は3370トンでしたが、2019年においては77287トンとその量は30年間で20倍以上となりました。その背景として、アボカドの栄養価値の高さがマスメディアを通して広まったことと、レシピの幅が広がり、色々な食べられ方をするようになったことが挙げられます。

輸入先については、日本への輸入が始まった当初はアメリカ産が主でしたが、健康ブームに伴い輸入量が激増してからはほぼメキシコ産となります。

【出典】財務省貿易統計(輸入、統計番号0804.40-010(生鮮アボカド)※1、集計期間:1970年~2019年※2)

※1 統計番号0804.40
アボカドは生鮮品(統計番号0804.40-010)と乾燥品(統計番号0804.40-090)に細分されますが、乾燥品としての輸入は集計期間内では2003年の210kgのみで、ほぼ全量が生鮮品としての輸入になります。

※2 1970年から1987年までの数値は当サイトの推定値です。
アボカドは1970年から1977年まではマンゴー、グァバ及びマンゴスチンと一緒の品目にまとめられていました。1978年はマンゴー及びマンゴスチンと一緒の品目にまとめられていました。そして、1979年から1987年まではマンゴスチンと一緒の品目分類にまとめられていました。よって、アボカド単品でのデータはありません。しかしながら、1988年以降のアボカドの輸入先はアメリカとメキシコのほぼ2か国であること、統計番号0804.50-019グアバ及びマンゴスチンは1989年の84kgを除き、1996年まで輸入実績がないことから1970年から1978年のデータについてはアメリカとメキシコの輸入量≒アボカドの輸入量、1979年から1987年のデータについては全量がアボカドの輸入量であると推計しました。

海外への輸出状況

日本から海外へアボカドの輸出実績はありません。日本での栽培に適した品種は輸入品のハス種とは違い皮が薄いベーコン種などのようです。皮が薄いため国外向け輸送は適さないです。

アボカドの世界の需給状況

アボカドの世界の主要生産国、輸入国の貿易状況となります。

【出典:生産量 FAOSTAT(2018),輸出入量 UN Comtrade Database(2018)

アボカドの貿易率は31%

他の品目に比べてアボカドの貿易率は高いです。そして、そのうちの約半分がメキシコ産となります。メキシコ自体も生産したアボカドの約半分を輸出に回しており、アボカド生産はメキシコにとっては貿易収入を得る大事な手段となっています。

ドミニカ共和国、インドネシア、ブラジルは自国消費中心

生産国上位ですが、これらの国は自国での消費が中心です。ドミニカ共和国は郷土料理の付け合わせにアボカドを使用することが多く、インドネシアではアボカドジュースとして、ブラジルでは砂糖と混ぜてデザートとして食べる文化があるようです。

オランダは農産物の中継地点

オランダは輸入量と輸出量がほぼ同じです。これはオランダが中継貿易(輸入したものをそのまま輸出すること)と加工貿易(輸入したものを加工して輸出すること)が盛んで、アボカドもその例外ではないことが要因です。